トップページ > 音楽・作曲について > メロディーのリズム

今日の1曲

昨日の1曲

プロフィール・連絡先

掲示板

活動実績

音楽・作曲について - メロディーのリズム

 
作成 : 2008-??-??  更新 : 2009-11-04
メロディーを聴いていて、音の高低には着目せずに、リズムだけに着目すると、似たリズム、または全く同じリズムが繰り返されているのがわかると思います。
「 パッヘルベルのカノン 」 はメロディーのリズムに着目すると1つのフレーズをほぼ同じリズムで繰り返されています。
この他、よほど変わった曲でない限り、ほとんどの曲がメロディーのリズムの繰り返しをあちこちで使って1つ1つのフレーズを構成していると思います。
リズムの繰り返しに慣れると、アドリブで弾いたつもりが、もともと出来上がっていた曲を演奏したかのように思わせることもできます。
このページではメロディーのリズムの繰り返しと、その応用について私の考えを書いていこうと思います。
では、まずは、繰り返しをわざと壊したらどうなるか、試してみましょう。例として使っている曲は、以前も登場しましたが、私の自作曲です。
例1:普通に繰り返しが用いられた状態 →
例2:繰り返しを少し無くした状態 →
例3:別のパターンで繰り返しを用いた状態 →
どうでしょうか。
例2にとても違和感を感じると思います。
例1は1、2小節目、5、6小節目のメロディーが同じリズムです。
例3は2、3小節目、6、7小節目のメロディーが似たリズムになっています。
そして、例2は全く異なるリズムが1、2、3小節目、5、6、7小節目に入っています。
とにかく、隣り合う箇所で、似たリズムの組を組んでいないと、聞き手に安心感を与えることは難しいのです。
曲中に繰り返されるリズムは、その曲独特の雰囲気、印象として聴き手に伝わることになると思います。
繰り返しがないと、雰囲気、印象を掴むことができず、記憶に残らないのです。
例3から、もう1つ分かることは、小節を2個ずつ区切った場合に、その区切りにまたがるように似たリズムが出来上がっても良いということです。
しかし例3は、1小節目、5小節目のリズムがそれぞれ似たリズムが隣り合っていません。このようなとき、下の例4のようにすることも考えの1つです。
例4: 例3の4、8小節目を改善 →
一概に良いとは言えませんが、場合によっては改善されることがあります。